知ってた? 親族のみを招待する結婚式もあります

アットホームな結婚式

結婚式と聞くと、両家の親族はもちろん、友人や職場の同僚を招待して豪華に行うものだと思うかもしれません。たしかにそのような形式もありますが、もっと小規模な結婚式もあるのをご存じでしょうか。正式名称はありませんが、「家族婚」と呼ばれることが多い形式で、招待されるのは両家の親族のみになる場合があります。親族しかいないので食事会に近いイメージになりますが、招待客は礼服を着て集まり、新婦はウェディングドレスを着用してかまいません。結婚後の人生でなにかとお世話になるであろう人たちだけが集まっているので、堅苦しい雰囲気はほとんどないのが通例です。

どうして親族だけを招待するの?

招待客を限定することで、基本的には結婚式のコストが抑えられる傾向にあります。しかし、家族婚を選ぶメリットはコストだけにあるわけではありません。新郎新婦にとって、配偶者の親族と触れあう機会として貴重です。結婚前、配偶者の兄弟(姉妹)と話をする機会は少ないかもしれません。結婚後の生活で少しずつ仲良くなることも可能ですが、親族だけを集めた結婚式にすることでお互いに顔と名前を覚えられます。遠方に住んでいる親族も結婚式なら会える可能性があるので、ちょうどいい機会です。友人・知人を招待する形式の結婚式でも親族との触れあいは可能ですが、短時間にせざるを得ない場合が多いようです。

会場はどうやって選ぶ?

家族婚も、一般的な結婚式と同様に結婚式の専用施設やホテルなどを会場にできます。また、人数によっては飲食店を利用するのもよいでしょう。大型の飲食店ほど、マイクなどの音響設備も整っています。会場の選択肢が多いのが家族婚のメリットのひとつです。

少人数の結婚式なら福岡県にも、素敵な会場がたくさんあります。都心のホテルや海の見える式場、ゲストハウスなど様々なタイプから選べます。