やっぱり結婚指輪といえばこれでしょう!昔ながらの王道のストレート

単純に見えてバリエーションが多い

結婚指輪と言えば、ストレートラインの指輪を連想する人が多いのではないでしょうか。プラチナの純白の輝きが最大限に発揮された、シンプルで飾り気のないデザインです。以前は宝石も入れないタイプばかりでしたが、最近のトレンドではメレダイヤをワンポイントとして埋め込むタイプが多くなってきています。ストレートタイプのデザインの種類は、メレダイヤがあるかミル打ちがあるかといった違いくらいしかないと思っている人もいるかもしれませんね。しかし、それは大きな誤解です。アーム部分の太さや丸みの付け方が少し違うだけで、同じストレートラインでも全く違う印象になるからです。指の長さや太さなど関係なくはめることができますが、上手にストレートラインの指輪を選べば、自分の指を長く細く演出できますよ。

幅や丸みまできちんと確かめて!

ストレートラインの指輪の幅は、大体2.5mmか3 mmであることが多いです。些細な差に見えますが、前者だと控えめでソフトな印象になり、後者だと指にはめた際に結婚指輪が目立ちやすくなるという違いがあります。どちらがいいかは好みによるところですね。指輪の丸みに関しても、ややシャープな方が日常生活になじみやすく、緩やかな丸みを帯びている方が優美で女性的な雰囲気になります。結婚指輪は仕事中やパーティーシーンでもつけるものですから、どちらのシチュエーションを重視するかでも意見が分かれそうですね。これらの要素に加えて考えておきたいのが、ストレートラインの指輪の素材でしょう。王道のプラチナは気品があるたたずまいで、変色にも強いというメリットもあります。チタンやタンタルも重量感があって個性的ですよね。

結婚指輪は好きなデザインであることも大事ですが、自分の生活に合うものを選ぶことが重要です。いつも常につけていたい人は、どんな服にも合うシンプルなデザイン、そしてお手入れの簡単な物が良いですね。